ユーロドルについて

ユーロドルについて

対円の話から離れて、少しユーロドルについて書いてみたいと思います。

 

FXを始めた頃は、特に興味を示さなかったのですが、クロス円にも多大な影響を持つユーロドルなんですよね。
なぜ影響を持つのかと言いますと、簡潔に言うと最も取引量が多いからなんです。
最初見たときは、1.3とかいう数字を見たときは、どういうことかなと一瞬悩みましたがすぐに、ユーロとドルの価値がどのくらい違うのか
ということですよね。

 

何度かポジションを持ったことがあるのですが、まず思ったのが証拠金が高いということです。これではそんなにポジションを持つことが
できないなあと思ったのですが、結構値動きが激しいんですよね。積極的にストップロスを狩りにいくイメージがあります。
そのストップが狩られると、クロス円も大きく動くんですよね。まずドル円とユーロ円、そして、豪ドルやポンド円などの通貨に影響が
でてきます。資金に余裕があれば、ユーロドルを1枚だけでも持って注意を留めておきながら、クロス円をしていけば結構わかりやすい
のかなと考えます。

 

でもチャートを見てみると、ユーロの価値が下がってきているんですよね。この前、FXの番組を見ていると、これでもまだユーロは高い
と言っていました。短期的には戻る局面はあるかもしれませんが、中長期でみると売りなんですよね。