今年のポンド円相場

今年のポンド円相場

今年の3月の半ばに133.48円をつけてから、円高方向に進んでいますよね。

 

各クロス円ともよく似た動きをしているのですが、一点注目するのは、6月1日には118.74円と15円近く円高が進んでいます。
よくよく見てみると、わずか3ヶ月間にも満たない間にこんなに動くのですね。
普段ドル円だと、値幅が狭いので限界ぎりぎりまで投資する事もあるのですが、ポンド円にはなかなか強気にポジションを取ることが
難しいかもしれません。値動きを好む場合もありますが、スプレッドも開き気味だし短期売買もあまりしない通貨ですね。

 

ユーロ危機で避難通貨にもされているようで、値幅ほどポンドはそれほど売り込まれていない印象があります。

 

また今年はオリンピックが、ロンドンでありますよね。公共投資などで景気も他の国と比較しても悪くない様に思うのは、あまりにも
ユーロが安くなってきているからでしょうか?

 

イギリスとしては、ユーロに参加しなかったことで、裏で笑っているか、ほっとしているのかななんて想像するのは私だけではない
はずです。
でもリーマンショック前の2007年だと251.06円をつけていたんですよね。5年の間に価値が半分になってしまったのかと思うとすごくない
ですか。イギリスに旅行するなら今かもしれませんね。