自分の売買ルールを考える

自分の売買ルールを考える

つくづく自分は欲深いなあと反省仕切りです。
ポジションを持つときは、比較的決断しやすいと思うのですが、決済するときは、ロングを持っていればまだ上がるのではないか、
ショートを持っていればまだまだ下がるのではと思い、タイミングを逃すことが多いです。

 

後、損切りが一番大事だとわかっていても、自動的に決済できないのは本当にダメですね。塩漬けを経験したこともしばしばあります。

 

これはなんとかしないといけないなあと思い、よい方法を探していました。するとこれは良いんじゃないかと思う面白い方法を見つけまし
た。

 

それは、日足が陽線か陰線かを予想する方法です。
アメリカがクローズする時間、日本時間で午前6時にロングかショートを決める方法です。決済する時間もその時にすれば、チェックする
のも5分ぐらいで終わるので、忙しい人にもぴったりかなといった内容を見て、これなら欲に負けることなくトレードできるかなと思い
ました。

 

でも24時間放置するので、少し不安かなと思ったのですが、ポジションを持つときにちゃんとロスカットをいれる習慣をつけておけば
大きな損害も出さずにトレードできそうですよね。こういった自分に合ったルールを作ることが重要だなと思っている今日この頃です。

 

 

前回、日足が陽線か陰線かを予想する売買方法を書いてみましたが、これに関連した時間に関するトレーディング方法もご紹介いたします。

 

それは、東京時間が開く9時にポジションをを持ち、クローズする3時に決済する方法です。
これなら、夜更かしや早起きすることなくトレードでき、また国内のニュースに反応する事もできるのがメリットですよね。
でもデメリットといえば、この東京時間ってあまり為替相場が動かないんです。欧州時間から活発な値動きするので、この時間に合わせて、
トレードしていくのも良いのではないでしょうか。それもポジションを持つ時間と、決済する時間を決めておけば、欲に悩まされること
なくできますよね。

 

こういったルールを決めたら、これに従い機械的にトレードすれば、大きく負けることは少なくなると思います。FXってすべて勝てるはず
もなく、プロでも負けるのだから、負けは小さくするのが長く続けて利益を出すコツですよね。
何でも50数パーセント勝つことができれば良しとしないといけないという内容を読んで、大きく勝ちを狙うのではなく、負けを大きくしな
いことを考える方が大切だなと思いました。

 

時間でトレードする方法はとてもシンプルで、自分ではやりやすいかなと思います。